オリゴ糖は腸内環境を整えてくる効果があります。

オリゴ糖の効果で乳酸菌やビフィズス菌を増やして腸の調子を整える。

 

「オリゴ糖は体に良さそう!!」

 

 

皆さんに、この考え方が行きわたったおかげで「オリゴ糖入り」の食品が注目されています。「オリゴ糖を摂ると、お腹の調子を整えてくれる」「便秘解消に効果がある」このように思ってくれている方が多いと思います。しかし、それだけでなく様々な効果が期待できるのが「オリゴ糖」なんです。

 

オリゴ糖に期待できること

 

・善玉菌が増えて、腸内環境が良くなる

 

・善玉菌が増えたおかげで、相対的に悪玉菌が減り、便秘解消が期待できる

 

・悪玉菌が減ると肌荒れに効果がある。特に便秘の時の肌荒れ対策。

 

・腸内環境が良くなれば臭いおなら解消が期待できる。

 

・善玉菌が増えれば、人間最大の免疫器官である腸が元気になり、免疫力が高まる効果が期待できる。

 

カロリー制限につながる。オリゴ糖は砂糖と比べて低カロリーです。

 

砂糖と比べて虫歯になりにくい。オリゴ糖は虫歯菌によって分解されにくく、歯に良くない酸ができにくいので、虫歯対策になります。

 

・腸が元気になると、アレルゲンの侵入が抑えられ、アレルギー対策の効果が期待されます。

どうしてオリゴ糖を摂ると

 

乳酸菌やビフィズス菌がふえるのか?

 

 

オリゴ糖が乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサになるから増えるのです。

 

オリゴ糖は人間ではほとんど消化吸収できません。そのために、オリゴ糖はそのまま腸まで到達します。そこで待ち構えていた乳酸菌やビフィズス菌がオリゴ糖を食べて増えるのです。善玉菌や悪玉菌に代表される腸内細菌は住むところが限られているので、善玉菌が増えれば相対的に悪玉菌が減るのです。

 

オリゴ糖によって善玉菌が増えると腸内環境が良くなり、人間最大の免疫器官である腸が元気になり、便秘や肌荒れだけでないうれしい効果が期待できます。

 

 


 

 

おすすめのオリゴ糖製品はこれ

 

 

 

「カイテキオリゴ」赤ちゃんから高齢者・妊婦さんまで誰でも利用できます。おかげさまで、ネットと口コミだけで広まり、家庭用オリゴ糖市場全国売上日本一になりました。

 


 

 

 

「黒ごま&オリゴ}安政五年創業の老舗ごま屋「かどや製油(株)」が、ごまとオリゴ糖の良いところを合体させて作りました。スティックタイプの個包装で持ち運びも楽々。「自然にスッキリとした毎日を送りたい」というお客様に支持されています。

 


 

 

 

「はぐくみオリゴ」妊婦さん・赤ちゃん・幼児期便秘など薬では無いので安心してご使用できます。5種類のオリゴ糖を独自ブレンドしたオリゴ糖で満足率92.7%達成。

オリゴ糖はどのように摂ればよいのか?

アスパラガスは、オリゴ糖を多く含んでいる食品の一つです。

 

オリゴ糖を効率よく摂るにはオリゴ糖製品からが簡単です。当然、食品の中にもオリゴ糖は含まれています。

 

オリゴ糖を多く含む食品としては、大豆、にんにく、アスパラガス、ゴボウ、玉ねぎ、蜂蜜などがあります。ただ、どうしても食品からオリゴ糖を摂るのは量的に無理があるのが現状です。残念ながら、オリゴ糖製品からオリゴ糖を摂ったほうが楽なようです。

 

 


 

 

残念ながらオリゴ糖製品にも良し悪しがあります。

 

オリゴ糖製品をチェックしてみると値段の高い物から、安い物。粉末タイプから、ボトルに入った物まであって、どれにしたら良いのか迷ってしまいますよね。そんな時のために。

 

 

値段の高いオリゴ糖と安いオリゴ糖の違い。

原材料費の違いが大きく響いています。値段の高いオリゴ糖は、キシロオリゴ糖で1sあたり約2700円。ラフィノースオリゴ糖は1sあたり約2200円。これに対して安いほうのオリゴ糖はイソマルトオリゴ糖で1sあたり約150円と物凄い開きがあります。(金額に関しては相場で動くので確定金額ではありません。値段の高いオリゴ糖と安いオリゴ糖の金額の差をイメージだけしていただけたら幸いです。)

 

これだけの金額の開きがあって性能が同じなら、値段の高いオリゴ糖は存在価値がありませんよね。例えば、安いオリゴ糖の「イソマルトオリゴ糖」は腸で消化吸収される分が結構あって、肝心の善玉菌のエサにならない分があります。さらに、ボトルタイプの物は水分が入っている分、オリゴ糖の入っている量が減ってしまいます。お金の問題なので、値段の安い「オリゴ糖製品」を全否定はできませんが、値段の高いオリゴ糖も値段の安いオリゴ糖もそれなりの訳があります。それを分かってあげてください。

 


 

 

お勧めのオリゴ糖製品

 

管理人も使っています。カイテキオリゴ

 

純度の高いオリゴ糖の中では本当に良く売れています。味は薄めなので甘味料と思わないで、お腹の中の善玉菌のエサだと割り切って使っていただけると、途中でイヤにならないで使い続けていただけると思います。

 

オリゴ糖製品を買ったけど止めてしまったという方の中で「これは残念だ」と思うタイプの人は、「オリゴ糖は腸内環境を良くしてくれる砂糖だ」と誤解している人だと思います。頭の中で砂糖の甘さを思い浮かべてしまい、舐めてみると味の違いにガッカリして止めてしまう。非常にもったいないと思いませんか?最初から「これは砂糖では無い。オリゴ糖だ。」このように思って使い始めていただけると良いと思います。

 

例えば、「カイテキオリゴ」の場合。味は砂糖よりもずっと薄いので甘味料としては使えません。甘さの質も砂糖とは違います。この違いを分かって「カイテキオリゴ」を使用してもらえると、善玉菌が喜んでくれると思います。

 

 

「カイテキオリゴ」の使い方ですが、コーヒーやヨーグルトに混ぜて使うのが一般的だと思います。管理人はヨーグルトの中に入れました。「カイテキオリゴ」はヨーグルトの中に入っている乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサにもなるので、お弁当持ちで善玉菌を腸に送り込んでいるイメージですね。後、コーヒー通の方はコーヒーに入れるのは止めたほうが良いと思います。いくら「カイテキオリゴ」が薄味でも多少味は変わります。至福のひと時をじゃましてはいけないですからね。

 

カイテキオリゴが合っている方は翌日には変化を感じると思います。ただし、カイテキオリゴは薬では無いので、誰もが翌日に変化を感じる訳ではありません。むしろ、「腸の中の善玉菌をゆっくり育てていく」この考え方が良いと思います。

 

 

オリゴ糖にはいろいろな種類があります。

オリゴ糖は少糖類と呼ばれ、ブドウ糖に代表される単糖類が3〜10個結合したものを言います。ちなみに、砂糖は単糖類が2個結合した二糖類になります。オリゴ糖は一般的には砂糖の半分位のカロリーで低カロリー甘味料ですが(例外あり)、甘味度(砂糖を基準にした甘みの強さ)は、砂糖の半分前後と甘みが薄い傾向があります。

 

あれだけ種類のある砂糖が単糖類が2個結合した二糖類なのに、オリゴ糖は単糖類が3〜10個も結合しているということは、「単にオリゴ糖と言っても種類によって大分性質が変わる」ということが分かります。これによって、乳酸菌やビフィズス菌の中にも、「こちらのオリゴ糖は好きだけれど、あちらのオリゴ糖は嫌いだ」という好き嫌いが発生します。

 

 

 

 

・フラクトオリゴ糖
ショ糖(砂糖)を原料に作られるフラクトオリゴ糖は、砂糖が原料だけに比較的美味しいオリゴ糖です。自然界では、玉ねぎ・ゴボウ・アスパラガス・バナナ・ハチミツなどの野菜や果物に多く含まれています。乳酸菌やビフィズス菌のエサになるので腸内環境を整える効果もあり、カロリーは1gあたり約2kcalと砂糖の1gあたり約4kcalのだいたい半分と低カロリーです。さらに、虫歯になりにくい特徴もあります。

 

・ガラクトオリゴ糖
牛乳などに含まれる乳糖を原料に作られます。ガラクトオリゴ糖の「ガラクト」は、乳製品などに含まれる「ガラクトース」という単糖類から来ています。牛乳やヒトの母乳にも含まれていて、乳酸菌やビフィズス菌のエサになるので腸内環境を整える効果もあり、消化酵素に消化されにくく、1gあたり約2〜3kcalと低カロリーです。さらに、虫歯になりにくいという特徴もあり、熱や酸に強いので、さまざまな食品に使われています。

 

・ラフィノースオリゴ糖
サトウキビと同じように砂糖を作ることで有名なてん菜を原料として作られます。てん菜以外にもユーカリの樹液・大豆などにも比較的多く含まれています。ブドウ糖・果糖・ガラクトースが結合した3糖類で、全く吸湿性のないという特徴を持ったオリゴ糖です。カロリーは1gあたり約2kcalと低カロリーで、甘みは砂糖の20%程度と薄くなっています。ラフィノースオリゴ糖は消化酵素で消化されにくいのでそのまま大腸に到達して、乳酸菌やビフィズス菌のエサになるので腸内環境を整える効果が期待できます。

 

・大豆オリゴ糖
大豆に含まれるオリゴ糖類の総称になります。カロリーは1gあたり約3kcalと砂糖の1gあたり約4kcalよりも少なくなっていて、甘味度は砂糖の約75%位と他のオリゴ糖よりも甘みは強くなっています。比較的甘みが強いことと、熱や酸に強い性質もあって、食品にも使われています。他のオリゴ糖よりも少ない量で腸内の善玉菌を増やすと言われています。

 

・乳果オリゴ糖
乳果オリゴ糖は乳糖果糖オリゴ糖とも呼ばれ、乳糖に果糖が1個つながったもので3糖類に分類されます。カロリーは1gあたり約2kcalで甘味度は砂糖の約半分位ですが、製品によって変わります。消化吸収されにくく、乳果オリゴ糖のまま腸に達するので、乳酸菌やビフィズス菌のエサになるので腸内環境を整える効果がきたいされます。比較的砂糖に近い甘みの質を持っているので、乳製品や健康食品などにも使われています。

 

・イソマルトオリゴ糖
デンプンを原料とするイソマルトオリゴ糖は、みそ・しょうゆ・ハチミツなどに多く含まれています。イソマルトオリゴ糖のカロリーは、1gあたり約4kcal、甘味度は砂糖のだいたい半分位です。一番の特徴は、難消化性のオリゴ糖が多い中、イソマルトオリゴ糖は小腸である程度消化されてしまいます。消化されなかったイソマルトオリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌のエサになるので腸内環境を良くしてくれることが期待できますが、難消化性のオリゴ糖と比べると効率が悪くなります。その分、原料がデンプンなので、価格も抑えられているので、価格の安いオリゴ糖製品には良く使われています。簡単に言うと「価格は安いけれど、効き目も薄い」このように考えてもらって良いと思います。

 

 

オリゴ糖を美味しく効果的に摂る方法。

「便秘解消や腸内環境を整えたい」このように思ってオリゴ糖を摂る場合一番最初に考えたほうが良いと思うことは

 

どうやったら楽に飲み続けられるか?

 

この1点だと思います。ヤクルトだって毎日1本って言っているくらいですからね。続けることが大切です。乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌から見ても、時々ドカッとエサが来るよりも、毎日定期的にエサが来たほうが助かりますよね。安心して子孫を増やせます。

 

 

オリゴ糖は薬で無いので、何時飲んでもかまいません。

 

オリゴ糖は薬ではありません。ただの糖質です。オリゴ糖は、たまたま腸内環境を整えてくれる効果が期待できるというだけなので、毎日の食生活の中で、朝でも晩でもご自分の負担の無いときに飲み続ければ良いのです。ちなみに管理人は夕食の時にヨーグルトに混ぜて食べていました。朝はバタバタしていて毎日欠かさずはちょっと・・・

 

 

オリゴ糖を入れる容器も大切です。

 

オリゴ糖を毎日手軽に摂るためには、手軽に使える容器も大切です。「カイテキオリゴ」のパッケージにはジッパーが付いていて密封できるようになってはいますが、快適でおしゃれではありません。食事をするテーブルにじゃまにならないように密封容器を使いました。もちろん、パッケージのまま使っても何の問題も無いのですが、毎日のことなので少しでも楽をすることも大切じゃないかと思います。

分かりにくいかもしれませんが、カイテキオリゴのパッケージにはジッパーが付いています。

 

こんなにおしゃれじゃ無いですが、こんな感じのガラス容器(浅めでスプーンが入る)に入れ替えています。毎日のことなので楽で速いは大きいですね。

 

 

オリゴ糖を何と混ぜて摂るのが良いのか?一番おすすめはオーソドックスにヨーグルトです。

 

オリゴ糖を普通のプレーンヨーグルトに混ぜると味の変化が少なく抵抗なく食べられました。あえて、欠点があるとすれば、ヨーグルトを買い忘れてしまう。コストがかかるなどが挙げられます。

 

ヨーグルトの中の善玉菌もオリゴ糖を食べるので、自分の腸の中にいる善玉菌と合わせてダブルで効果が期待できます。

 

 

オリゴ糖をコーヒーや紅茶に混ぜて飲むことも決して悪くはありません。味の変化が許容範囲ならおすすめです。コーヒー通の方は止めておいたほうが無難です。

 

 

料理に混ぜてしまうというのも良い方法なんですが、料理を選ばなくてはいけないという欠点もあります。

 

 

カイテキオリゴを初めとしたオリゴ糖は毎日飲んで腸内環境を整えていくことが大切なので、楽で忘れない方法で採っていただければ良いと思います。管理人の場合はたまたまヨーグルトに混ぜるのが楽だったにすぎません。オリゴ糖を摂って腸内環境を良くするためには続けることが大切です。その点を一番に考えていただけると良い結果が生まれると思います。

 

このような方にオリゴ糖はおすすめします。

理想的な腸内細菌のバランスは、善玉菌が2割・悪玉菌が1割・日和見菌(ひよりみきん)が7割と言われています。

 

 

・便秘になりやすい女性

 

「便秘になりやすい人」と言われて頭に浮かぶのは女性ではないでしょうか?厚生労働省の調査でも20〜50代の女性は便秘に悩んでいる方が多いという結果が出ています。なぜ便秘で悩んでいる女性が多いのでしょうか?

 

女性が便秘になる原因としては
・腹筋などの筋力不足で外に出せない。
・社会的にガマンしてしまい、慢性化していく。
・ダイエットなどで食べる量が少ないので、出る物が少なすぎて出ない。
・女性ホルモンの影響
・骨盤が広いので、腸が下に押され過ぎている。

 

などがありますが、特に気の毒なのは、羞恥心などで、自宅以外で大便をしにくい環境にあることが挙げられます。なかなか職場で大便はしにくい環境にある方が多いんじゃないですか?トイレのすぐ横に作業をしている男性がいるとやっぱりね・・・こんなことの繰り返しで、慢性の便秘になっていくなんて悲しすぎます。

 

 

・ダイエット中の便秘

 

ダイエットというと、どうしても食事の量を減らしてしまいますよね。すると、どうしても「ウンチ」の量が減ってしまいます。「ウンチ」の量が少なすぎて体のほうが「ウンチ」が溜まっていることを認識できないでいると、「ウンチ」が水分を取られ過ぎてしまい硬くなってしまいます。気が付かないうちに硬い「ウンチ」になってしまい、悲劇が訪れる。こんなのは嫌ですよね、食事を工夫して野菜やキノコ・海藻を沢山摂ることが一番だと思いますが、現実は甘くはありません。せめて、食物繊維を摂って「ウンチ」の量を増やしましょう。

 

オリゴ糖を選ぶ時に考えたいこと

便秘対策・肌荒れ防止などに効果が期待できるオリゴ糖ですが、何を基準に選んだら良いのでしょうか?

 

・純度の高いオリゴ糖を選びましょう。

 

この画像は純度の低いオリゴ糖製品のものですが、イソマルトオリゴ糖は37.5%含有しています。さらに、イソマルトオリゴ糖は小腸で消化吸収されてしまう分があるので、腸の中の善玉菌に届く分はさらに減ってしまいます。せっかくオリゴ糖を摂って腸内環境を良くしていこうと思ったときに、この数字は許せますか?ということです。

 

個人的な考え方ですが、同じ手間をかけるのだから、純度の高いオリゴ糖製品を使ったほうが良いと思います。

 

もっともこのオリゴ糖製品は値段も安く販売されているので粗悪品ではありません。値段なりの価値はあると思います。

 

 

・評価のしっかりしたものを選びましょう。

 

「良いものは良い。」この一言に尽きると思います。今は製品の評価に対して遠慮なんてしている方はいません。気にいらなければ「気に入らない」という評価を下します。オリゴ糖のように製品的に熟成している物に関しては、売れている物は売れているなりのレベルにあると思ってもらって良いと思います。

 

 

本当にオリゴ糖は安心して使えるの?デメリットは無いの?

 

オリゴ糖は薬ではありません。糖質です。糖質の仲間にはデンプンもいます。オリゴ糖は一般的な炭水化物と同じです。

 

 


 

オリゴ糖のデメリット

 

 

・オリゴ糖を一度に沢山摂り過ぎるとお腹が緩くなることがある。

 

オリゴ糖は基本的に難消化性なので人間の体内でほとんど消化吸収されません。そのために、乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌の住んでいる腸までオリゴ糖のまま到達します。そこで、善玉菌のエサになるのですが、オリゴ糖が多すぎると善玉菌がオリゴ糖を食べきれません。すると、浸透圧の関係で腸の中に水分が集まってしまいお腹が緩くなるのです。

 

このお腹が緩くなるのは一過性のものなので、時間が経てば元の体調に戻ります。個人差はあると思いますが、パッケージなどに書いてある用量を守ればお腹が緩くなることは無いと思います。少なくとも管理人は平気でした。

 

オリゴ糖を沢山摂ればそれだけ早く腸内環境が良くなると思って欲をかいた人が起こす失敗でしょう。

 

 

 

・オリゴ糖を摂った後、おならが出やすくなる可能性がある。

 

オリゴ糖を摂ってしばらくすると、お腹が張ったりおならが増えたりすることがあります。これは、お腹の中で善玉菌が元気になった証拠で、ガスの中身は炭酸ガスなので臭くはありません。

 

悪玉菌が元気な時のおならは臭いので、おならの臭いで善玉菌が元気なのか?悪玉菌が元気なのかが分かります。

 

オリゴ糖を摂ったらおならが増えたという方でも、一般的にはオリゴ糖を摂り続けるとおならの回数は減る傾向になります。

 

 

 

・自分の腸の中に住んでいる善玉菌を増やすので人によっては時間がかかる。

 

腸の中では腸内細菌同士が日々縄張り争いをしています。オリゴ糖を摂って善玉菌の応援をしても、善玉菌が腸の中の縄張り争いになかなか勝てない場合があります。そんな時は気長に善玉菌の応援を続けるしかありません。

 

ちなみに、ヤクルトのホームページにも載っていますが、ヨーグルトなどで体の外から摂った乳酸菌は体の中で定着はしないで、何日かすると体外に出てしまいます。「ヤクルトは毎日飲みましょう」はここから来ています。ここからも腸の中の縄張り争いが厳しいものであることが分かります。

 

 


 

 

おすすめのオリゴ糖製品はこれ

 

 

 

「カイテキオリゴ」赤ちゃんから高齢者・妊婦さんまで誰でも利用できます。おかげさまで、ネットと口コミだけで広まり、家庭用オリゴ糖市場全国売上日本一になりました。

 


 

 

 

「黒ごま&オリゴ}安政五年創業の老舗ごま屋「かどや製油(株)」が、ごまとオリゴ糖の良いところを合体させて作りました。スティックタイプの個包装で持ち運びも楽々。「自然にスッキリとした毎日を送りたい」というお客様に支持されています。

 


 

 

 

「はぐくみオリゴ」妊婦さん・赤ちゃん・幼児期便秘など薬では無いので安心してご使用できます。5種類のオリゴ糖を独自ブレンドしたオリゴ糖で満足率92.7%達成。